旧古河庭園

旧古河庭園について

洋館と洋風庭園は、ジョサイア・コンドルにより設計されました。洋館の外観はルネサンス調、1階は食堂、ビリヤード室、喫煙室などの接客空間があり、2階は家族の居室など私的空間で、和室も設けられています。

明治期、陸奥宗光(外交官)の邸宅でした。宗光の次男・潤吉が古河財閥創業者である古河市兵衛の養子となったため、古河家に所有が移りました。

第二次世界大戦中は陸軍に接収され、汪兆銘が匿われていた事もありました。終戦後は、イギリス大使館付駐日武官の宿舎などに利用されました。

洋館内部は1日3回、時間を決めて行われているガイドツアーに参加すると解説付きで見学できます(予約をオススメします)。 洋館1階の一部には喫茶室が設けられており、春と秋には窓越しにバラ園を望みながらお茶を飲むことができ、結婚式やコンサート等で洋館を貸切ることも可能です。バラの開花期にはイベントも開催されています。

旧古河庭園の詳細

住所 東京都北区西ヶ原1-27-39
電話番号 03-3910-0394
開園時間 9:00~17:00(入園は16:30まで)
休園日 年末年始(12月29日~翌年1月1日)
料金 大人150円、65歳以上70円、小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
アクセス JR「上中里駅」から徒歩7分
東京メトロ南北線「西ケ原駅」から徒歩7分
JR「駒込駅」から徒歩12分

旧古河庭園の地図

旧古河庭園を巡るお散歩コース

【お散歩】六義園-飛鳥山公園

岩崎弥太郎の別荘だった六義園、バラがキレイな旧古河庭園、渋沢栄一の別荘があった飛鳥山公園へ行く東京都の庭園・公園巡り♪

詳細はこちら