錦帯橋

錦帯橋について

桜や紅葉の名所としても有名。度々起こる錦川の洪水に耐えうる橋を造ろうと、第3代領主吉川広嘉が着手しました。

5連のアーチ橋を設計したのは児玉九郎右衛門で、組木などにより釘を一本も使わずに造られています。下から橋を見るとその技術の凄さが分かります。

錦帯橋は江戸時代、岩国藩が管理し、藩内では掛け替え・補修の費用のために武士・農民など身分階級を問わず「橋出米」という税が徴収されていました。そして明治になるまで、橋を渡れるのは武士や一部の商人だけでした。

戦時体制下で橋の補修が疎かになっていた等の理由により、1950年、台風で崩壊。276年間流されなかった錦帯橋が流出しました。しかし、創建時から現代までの修復記録がほぼ完全に残り、当時のまま復元がされました。しかも、歴代の大工棟梁の人物名もすべて分かっているそうです。

錦帯橋の詳細

住所 山口県岩国市岩国
電話番号 0827-29-5116(岩国観光振興課)
営業時間 8:00~17:00(観光シーズン中は18:00ま・夏期は19:00まで)
料金 大人310円、小学生150円
セット(錦帯橋・ロープウェイ・岩国城) / 大人970円、小学生460円
アクセス JR「岩国駅」よりバス約20分「錦帯橋」下車

錦帯橋の地図

岩国城周辺のおすすめ情報

岩国城を含むおすすめコース

【2泊3日】広島・山口旅行

広島にある2つの世界遺産(厳島神社、原爆ドーム)と山口県の錦帯橋、秋吉台を巡りました。広島・山口の定番コース。

詳細はこちら

錦帯橋をめぐるツアー

錦帯橋周辺のホテル・宿

半月庵

創業明治2年の錦帯橋近くにある老舗料亭旅館。宇野千代の小説「おはん」の舞台となった宿。

割烹旅館 白為旅館

岩国を流れる錦川沿いにある割烹旅館。錦帯橋と岩国城が一望できる

錦帯橋温泉岩国国際観光ホテル

絶景の天然温泉に浸かれるお宿。お食事は郷土料理会席などがいただける

岩国料理を食べられるお店

よしだ 本店

錦帯橋近くのお食事処。色鮮やかな岩国寿司と大平がいただける定食がある。

岩国料理

ひらせい

錦帯橋の目の前にある食事処。御膳の種類が豊富。

元祖岩国寿司の宿 三原家

岩国寿司の元祖といわれる旅館。昭和初期の歴史を感じる建物。完全予約制でランチのみの利用可。