旧芝離宮恩賜庭園

旧芝離宮恩賜庭園

大久保忠朝上屋敷の庭園楽寿園が始まりの回遊式泉水庭園。元々は潮入りの庭だったが、周囲の埋め立てで海の眺望はなくなりました。

220本の松が植えられており、紅葉の季節には緑と赤のコントラストが見られます。

住所 東京都港区海岸1-4-11
電話番号 03-3434-4029(旧芝離宮恩賜庭園サービスセンター)
入園料 大人150円、65歳以上70円、小学生、都内在住・在学の中学生は無料
開園時間 9:00~17:00(入園は16:30まで)
【無料庭園ガイド】土曜日、日曜日14:00~
休園日 年末年始(12月29日~翌年1月1日)
アクセス JR山手線・京浜東北線「浜松町」下車北口 徒歩1分

浜離宮恩賜庭園

浜離宮恩賜庭園

将軍家の別邸で浜御澱と呼ばれました。東京湾から引き込んだ海水を使った回遊式築山水庭で、江戸大名庭園で唯一残る潮入りの池です。そのため、海の魚が泳いでいたりします。

1600年頃までは、将軍家の鷹狩などが行われた湿原でした。1654年に甲府藩主の徳川綱重が、海を埋め立てて別邸を建てました。

江戸時代を通じて改修が行われ、8代将軍・徳川吉宗の時代には殖産の試験場として位置づけられました。

1729年には雄の象がベトナムから運ばれ、浜御澱の小屋で12年間を過ごした事もあります。

明治になると、外国人接待所「延遼館」が置かれ、ドイツ皇太子フリードリヒやアメリカ大統領のユリシーズ・S・グラントが訪れ「延遼館」へ滞在、中島茶屋で明治天皇との謁見が行われました。

住所 東京都中央区浜離宮庭園1-1
電話番号 03-3541-0200(浜離宮恩賜庭園サービスセンター)
入園料 大人300円、65歳以上150円、小学生、都内在住・在学の中学生は無料
開園時間 9:00~17:00(入園は16:30まで)
【無料庭園ガイド】土曜日、日曜日、祝日:11:00~、14:00~
【英語ガイド】土曜日、月曜日11:00
【御茶屋ガイドツアー】木曜日11:00~、12:00~、13:00~、14:00~
休園日 年末年始(12月29日~翌年1月1日)
アクセス 都営地下鉄大江戸線「汐留」下車10出口 徒歩5分

江戸の大名庭園をめぐる東京散歩おすすめコース

東京散歩 増上寺

江戸時代の治世者徳川家の霊廟のある増上寺と2つの大名庭園をめぐる東京散歩。

詳細はこちら

【お散歩】六義園-飛鳥山公園

岩崎弥太郎の別荘だった六義園、バラがキレイな旧古河庭園、渋沢栄一の別荘があった飛鳥山公園へ行く東京都の庭園・公園巡り♪

詳細はこちら
東京大学

東京散歩~根津神社-小石川後楽園~

東京大学の学食を頂き、学問の神様"菅原道真"を祀る湯島天満宮(湯島天神)をめぐる、頭が良くなった気分になってしまう、お散歩コース。

詳細はこちら