田平天主堂

田平教会(田平天主堂)について

1886(明治19)年に、かつて原野だった地に黒島、出津からやってきた神父が土地を購入して、7家族を移住させました。次第に信者が増えていき、1918年に念願の教会ができあがりました。

設計は、長崎県を中心に教会建築を手がけた鉄川与助です。彼が手掛けた最後の赤レンガ聖堂にして、最高峰と謳われています。国の重要文化財に指定されています。

正面には八角形のドームを頂く鐘塔がそびえ、聖堂近くには信者の眠る墓地があるなど整備されています。

田平教会(田平天主堂)の詳細

住所 長崎県平戸市田平町小手田免19
電話番号 095-823-7650
営業時間 9:00~12:00、13:00~17:00
*見学希望は事前連絡
休業日 *冠婚葬祭などの時には見学不可の場合や閉まっている場合もあり
料金 無料
アクセス 松浦鉄道「たびら平戸口駅」下車、西肥バス「平戸口駅前」バス停から肥首行き乗車。「天主堂前」バス停にて下車。
URL 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター

田平教会(田平天主堂)の地図

田平天主堂を巡るドライブコース

【3泊4日】長崎~ドライブで巡る世界遺産~

長崎ドライブ紀行♪教会群&お城&軍艦島クルーズ&温泉と盛り沢山の3泊4日の旅!

詳細はこちら