大浦天主堂

大浦天主堂(キリシタン博物館)について

幕末の開国により作られた外国人居留地に建てられました。ゴシック調の建築で日本最古の建物です。

江戸時代は鎖国しており、日本では禁教令が布かれていました。浦上の潜伏キリシタンが訪れ、外国宣教会の神父に信仰を告白し、隠れキリシタンの存在が明らかになりました。

太平洋戦争の末期、長崎に落とされた原爆によって被害に遭いましたが、1953年、教会で唯一、国宝に指定されました。

観光客が増えたことにより、司牧(聖職者が信徒を教え導く事)が難しくなったため、信徒のための大浦教会が建てられました。

2018年4月1日からキリシタン博物館として開館されました。

大浦天主堂(キリシタン博物館)の詳細

住所 長崎県長崎市南山手町5-3
電話番号 095-823-2628
営業時間 通常 / 8:00~18:00(受付終了は17:30)
冬季(12月1日~3月31日) / 8:30~17:30(受付終了は17:00)
休業日
料金 大人1000円、中高生400円、小学生300円
アクセス 長崎電気軌道「大浦天主堂駅」から徒歩5分
URL https://nagasaki-oura-church.jp/

大浦天主堂(キリシタン博物館)の地図

大浦天主堂(キリシタン博物館)を巡るドライブコース

【3泊4日】長崎~ドライブで巡る世界遺産~

長崎ドライブ紀行♪教会群&お城&軍艦島クルーズ&温泉と盛り沢山の3泊4日の旅!

詳細はこちら