Tourist

Tourist(ツーリスト)

監督:山岸聖太、スミス、横尾初喜

出演者:
三浦春馬、水川あさみ、池田エライザ、尾野真千子、マキタスポーツ、仁村紗和、石橋菜津美、バカリズム、成海凛子

ロケ地めぐり

  • no-img

    ラマ8世橋

    タイ編

    住所 Rama VIII Rd, Wat Sam Phraya, Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10700 タイ

  • no-img

    フワランポーン駅

    タイ編

    住所 Rong Mueang Rd, Rong Muang, Pathum Wan District, Bangkok 10330 タイ

  • no-img

    アユタヤ

    タイ編。絵葉書。

    住所

  • no-img

    国立台湾博物館

    台北編

    住所 No. 2, Xiangyang Rd, Zhongzheng District, Taipei City, 台湾 100

  • no-img

    二二八和平紀念碑

    台北編

    住所 100 台湾 Taipei City, Zhongzheng District

  • no-img

    城市草倉

    台北編

    住所 No. 4, Alley 19, Lane 283, Section 3, Luosifu Rd, Da'an District, Taipei City, 台湾 106

  • no-img

    青山宮

    台北編

    住所 No. 218, Section 2, Guiyang St, Wanhua District, Taipei City, 台湾 108

  • no-img

    大佳河濱公園

    台北編

    住所 10491 台湾 台北市 中山区

  • no-img

    長福橋

    台北編

    住所 No. 1, Guangming Rd, Sanxia District, New Taipei City, 台湾 237

  • no-img

    ジャンヌダルク教会

    ホーチミン編

    住所 116A Đường Hùng Vương, Phường 9, Quận 5, Thành phố Hồ Chí Minh, ベトナム

物語のあらすじ

第1話 (バンコク篇)
仕事も恋も一途に頑張っているのに、なかなか心が満たされない日々が続き、行き詰まりを感じていたテレビ局のドラマプロデューサーの野上さつきは自分を見つめ直すために、独特の死生観を抱く街・バンコクを訪れる。そのバンコクで窃盗団に荷物をひったくられた青年・天久真と出会う。バンコクでも自分自身を持て余していたサツキは真に1日だけの恋人を演じてくれないかと誘う。

第2話 (台北篇)
恋愛至上主義者だった津ノ森ホノカは遂に結婚を決意し、恋愛至上主義者であった自分から卒業するために女友達2人と共に、独身最後の思い出作りとして台北を訪れる。しかし、ゆったりとした旅とはいかず、旅当初よりトラブルが続き、友達とは別行動を余儀なくされる。仕方なく市場のカフェに赴いたホノカは、大男に追われる真に遭遇する。男を捲くために恋人のフリをしてほしいと真に頼まれ、そのまま一晩だけの恋人を演じることになってしまう。

第3話 (ホーチミン篇)
夫が愛人と浮気旅行をしていると知ったパタンナーの立花カオルは2人の後を追いかけるようにベトナムのホーチミンを訪れる。そこはまだ夫婦として成り立っていた頃に夫と共に訪れた思い出の場所でもあった。クラブで泥酔してしまったために、真とは最悪の出会いをしてしまったカオルは翌日、偶然にも真と再会する。前夜の無礼を詫びようと、カオルは真と一緒に夫と旅した場所を訪れる。

Wikipedia「tourist ツーリスト」

感想

第1話では危険な雰囲気を漂わせ、セクシーすぎるほどのセクシーさ。一夜のアバンチュールを楽しもうとしているのか?という怪しさ満載。

第2話では若い女の子とデートし、試着室でKissする遊び人ぷり。その肌見せは何?!と顔を手で覆い指の間からチラリズムしたいエロさ…。

第3話は年上女の強がりと、年下女の鈍感さの対決。そして天久真君の優しさと包容力。そこにはエロスはなく優しさだけがあり、改めて三浦春馬さんの表現力の凄さを目の当たりにしました。

全体的に危険な色気も、悪戯男子も、悩める女性を放っておけない包容力の塊による優しさだったという結論に至りました。それにしても女性の扱いに長けておりますね、天久真さん。何故、仕事をクビになってしまったのかという謎と...人探しは終わるのか...天久さんは今もどこかで旅を続けていそうです。