奈緒子

奈緒子

監督:古厩智之

出演者:
上野樹里、三浦春馬、笑福亭鶴瓶、佐津川愛美、柄本時生、綾野剛、富川一人、タモト清嵐、結城洋平、五十嵐山人

ロケ地めぐり

  • no-img

    大浜海水浴場

    地獄の合宿ランニング場所

    住所 長崎県壱岐市石田町筒城東触

  • no-img

    郷ノ浦大橋

    映画の練習場所である島の玄関口として登場

    住所 長崎県壱岐市郷ノ浦町郷ノ浦

  • 眼鏡橋

    眼鏡橋

    国の重要文化財。怪我をして病院に行っていた奥田が、皆のもとへ駆け戻るシーン

    住所 長崎県長崎市魚の町

  • no-img

    辰ノ島めぐり遊覧

    奈緒子の溺れるシーンを近海で撮影

    住所 長崎県壱岐市勝本町東触

  • no-img

    女神大橋

    奥田が転んでしまうシーン

    住所 長崎県長崎市西泊町6

  • no-img

    水辺の森公園

    県大会で雄介とライバルの黒田の接戦シーン

    住所 長崎県長崎市常盤町22-17

  • no-img

    丸尾地区漁港道路

    県大会のスタート・ゴールの場所

    住所 長崎県長崎市丸尾町7-1

物語のあらすじ

ビッグコミックスピリッツに連載された同名駅伝コミックを映画化した青春ストーリー。長崎の小さな島を舞台に、喘息の療養で少女時代を島で過ごしたヒロイン奈緒子と、高校駅伝の県代表を目指す陸上部の部員たちとの切なくも爽やかな青春模様を描く。主演は上野樹里と三浦春馬。監督は「ロボコン」の古厩智之。長崎県波切島。12歳の少女・奈緒子は、走ることが大好きな地元の少年・雄介と出会う。ある日、海で溺れた奈緒子を助けるため雄介の父親が命を落としてしまう。6年後、東京に戻っていた奈緒子は、天才ランナーとなった雄介と偶然の再会を果たす。そして、雄介の駅伝デビュー戦を観戦するため九州まで駆けつけた奈緒子だったが…。

感想

ん?三浦春馬さん演じる壱岐雄介君と抜きつ抜かれつしてる黒田君て綾野剛さんだよね?という驚きと見つけた感。綾野剛さんて、ミステリアスで超人ぽい役似合いますよね。早い人が注目されて、俺はできるけど、アイツには無理だと仲間を信じられなくて、一人で背負って…。「お前には分からないよ」て、皆に攻撃されて…。そんなに責めないで…と。結局皆、頑張って食らいつこうとしていて、雄介に繋いでいく姿が青春で熱くなる。最後のシーンで、奈緒子を手招きして監督ごと抱き合うシーンを何度もリピートしてしまう。その手を掴んで抱きしめられたい(笑)。そして、鶴瓶さんと上野樹里さんを抱えるられるてことは、腕が長いんだねと感心してしまったり...。カッコイイ、爽やか、胸をなでおろす。そして鶴瓶さん、春馬さんの首閉まってるよ、苦しそうだよ、という表情が写っていて、それも含めてまたリピートしてしまう。