岐阜県 白川郷

白川郷について

1995年12月に、白川郷・五箇山の合掌造り集落」としてユネスコの世界遺産へ登録されました。

日本有数の豪雪地帯で隔絶されていたため、独自の生活文化が生まれました。日本の秘境の地というべき場所です。

合掌造りの民家は特徴的で、茅葺きの屋根は45度~60度の傾斜があり積雪を防いでいます。そして、屋根は結と呼ばれる組織で40年に一度100人~200人で屋根の葺き替えを行います。また、釘を一切使わず縄で縛って固定されています。冬になると作物が育たなくなるので、養蚕を行っていました。

ドイツの建築家ブルーノ・タクトが著書『日本美の再発見』で「この風景は、日本的ではない。少なくとも私がこれまで一度も見たことのない景色。これはむしろスイスか、さもなければスイスの幻想だ」と書いたことから注目をされるようになりました。

かわいらしい家が立ち並び、宿やお土産屋、お食事処などもあり、一日中散策しても飽きません。20分に1度出ているマイクロバスで展望台へ行けば、絶景が見られます。

白川郷の詳細

住所 岐阜県大野郡白川村荻町1086
電話番号 (白川郷観光協会)05769-6-1013
営業時間 (白川郷観光協会)9:00~17:00
アクセス JR高岡駅から加越能バス「高岡・五箇山・白川郷線」乗車

白川郷の地図

白川郷周辺のおすすめ情報

白川郷へ行くおすすめコース

【1泊2日】白川郷と松本城

国宝・松本城と、世界遺産・白川郷をめぐる旅!

詳細はこちら